悲しみよこんにちは 買収 DVD 5586円 悲しみよこんにちは [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 悲しみよこんにちは 買収 DVD 悲しみよこんにちは,5586円,/photoaquatint1831721.html,[DVD],moes.ug,DVD , 外国映画 , ドラマ 5586円 悲しみよこんにちは [DVD] DVD 外国映画 ドラマ 悲しみよこんにちは,5586円,/photoaquatint1831721.html,[DVD],moes.ug,DVD , 外国映画 , ドラマ

悲しみよこんにちは 買収 DVD 新作 大人気

悲しみよこんにちは [DVD]

5586円

悲しみよこんにちは [DVD]

商品の説明

Amazonレビュー

   南フランス海岸の別荘で暮らす17歳のセシル(ジーン・セバーグ)の父レイモン(デヴィッド・ニヴン)が、デザイナーのアンヌ(デボラ・カー)と再婚することになった。しかしジルはアンヌのことが気に入らず、レイモンの愛人エルザ(ミレーヌ・ドモンジョ)と共謀して、彼女を破滅へと追いやっていく……。
   フランソーズ・サガンが18歳のときに記した処女長編小説を、『帰らざる河』などの名匠オットー・プレミンジャー監督のメガホンで映画化。映画では18歳になったセシルが1年前の出来事を回想するという構成になっており、現在のシーンはモノクロ、回想はカラーという風に色分け。主演のジーン・セバーグが、初々しくもどこかもろい危なさを秘めた思春期の少女を麗しく体現しており、そこが本作品の最大の魅力となっている。(的田也寸志)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

フランソワーズ・サガンの原作を基に、『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグが主演を果たした傑作青春ドラマが初DVD化。南フランスのリビエラを舞台に、17歳を迎えたセシールが些細な嫉妬心から巻き起こしてしまった取り返しのつかない事件を描く。

悲しみよこんにちは [DVD]

多感な思春期の17歳の少女が父親といちゃいちゃしたり、愛人であるミレーヌ・ドモンジョや不倫役のデボラ・カーの存在にも嫌悪感を抱かないのは青春映画としては如何な物かと思う。やはり青春時代とは”エデンの東“のジェームス・デーンの様に自分の生き様に嘆き苦しみもがく人生の一番苦しむ時代であろう。かなしみはこんにちはは以上の理由で決して優れた青春映画ではない。セシールカットも一時代を風靡したヘアスタイルであるが、ローマの休日のオードリー・ヘプバーンのショートカットの方が遙かに似合っており、可愛いらしい。
ジーン・セバーグが超キュート、演出の締まりも良い。しかし一番の悲しみは、主人公のくだんの親子が真の人生を歩んでいないこと、少なくともその兆しも映画の中に見えないことだ。
この映画の楽しみどころはいくつもある。風光明媚な地中海に面した南仏のバカンスでのフランス人のありようは今も大きくは変わらない。そして高校生の娘セシールを演じるジーン•セバーグの透明感ある魅力。ショートの髪型は今やセシールカットとして知られる。翌年のゴダールがとったモノクロ映画「勝手にしやがれ」では彼女の魅力はさらに輝いており両方を見ることをお勧めしたい。大きな突っ込みどころはフランスなのに全編英語であることだが、実はジーン•セバーグをフィーチャーしたハリウッド製映画なのだ。脇は父親役のデビッド•ニーブンとやがてパートナーとなるデボラ•カーがしっかりした演技で固めている。先日亡くなったジュリエット•グレコが歌手役で出ているところやセシールが着る黒のジバンシーが出てくるのも楽しい。 原作はフランソワーズ•サガンの同名小説からとっているためこのタイトルはし方ないだろうが、決して「悲しい」映画ではない。南フランスでのバカンスでの父娘をめぐる出来事を追いながら、擬似バカンスを十分に楽しめる。
原作とは、違った部分(特にディテール)がこの映画では上手に描かれていて、観ていてとてもいとおしく感じました。舞台が海辺に建つ別荘で、深く青い海と透き通った空が、とても素敵です。また、セシルのお部屋にある、ベッドや鏡はとてもエレガントでキュート。フランスへの憧れは増すばかりです!物語は、原作よりも分かりやすく構成されているのでとても筋が通ったものになっています。主人公で17歳のセシルは、父親のレーモンドととても仲良しで唇でのキスまでしていて、自分にはありえないなと思いました。だからこそ、父の再婚相手の登場に、セシルが疎外感や嫉妬、喪失感を感じていくのが、とてもよく分かりました。古い作品ですが、2004年に見ても色あせない、名作です。デボラ・カーはとってもきれい。ジーン・セバーグのヘアスタイルが、「セシル・カット」と言って日本でブームになったくらいカッコイイ。素敵な映画です!

NEW POST