1553円,DVD , 外国映画 , ドラマ,友へ,/mantid1831877.html,moes.ug,チング,Blu-ray 友へ チング Blu-ray ブランド激安セール会場 1553円 友へ チング Blu-ray DVD 外国映画 ドラマ 1553円 友へ チング Blu-ray DVD 外国映画 ドラマ 友へ チング Blu-ray ブランド激安セール会場 1553円,DVD , 外国映画 , ドラマ,友へ,/mantid1831877.html,moes.ug,チング,Blu-ray

友へ チング Blu-ray ブランド激安セール会場 最新

友へ チング Blu-ray

1553円

友へ チング Blu-ray

商品の説明

内容紹介

低価格版「おトク値!」シリーズで登場!


俺たち、遠くに来すぎたよ

[内容解説]
「シュリ」「JSA」が持つ記録(約600万人)を半分の日数で軽々と抜き去り、
最終的に820万人を超える観客を動員し、韓国映画史上のあらゆる興行記録を塗り替えた「友へ チング」。
70年代後半から90年代前半の韓国が激しく揺れ動いた時代を背景に、
運命に翻弄される4人の幼なじみの壮絶な人間ドラマを浮き彫りにした傑作だ。
その内容から、「韓国版スタンド・バイ・ミー」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・プサン」とも言われ、
公開と同時に様々な分野で話題を呼び、その経済効果は1500億ウォンを超えると評価され、
韓国中を巻き込む大きな社会現象になっていった。


1976年夏、プサン。地元の元締めを父に持つジュンソクは、口ベタながらケンカが強くて情にも厚く、みんなから一目置かれていた。
葬儀屋の息子ドンスもケンカっ早いが憎めない存在だ。それに優等生のサンテクとお調子者のジュンホの4人の小学生は、いつでも一緒に遊んでいた幼なじみだ。
4人は別々の中学に進むが、再び高校で顔を合わせ一緒につるむようになる。しかしある事件をきっかけにジュンソクとドンスは退学処分になり、
やがて2人は裏社会に足を踏み入れ対立していくようになる・・・。

[特殊内容/特典]
特典映像(47分):特典:メイキング映像、韓国/日本版 TVスポット・劇場予告、韓国での「チング現象」映像、
キャスト・スタッフ紹介、高校時代を振り返って(監督・キャストインタビュー)、チング・シンドローム(作品解説)

[スタッフキャスト]
監督/脚本:クァク・キョンテク
出演:ユ・オソン(ジュンソク)
チャン・ドンゴン(ドンス)
ソ・テファ(サンテク)
チョン・ウンテク(ジュンホ)
キム・ボギョン(ジンスク)



[発売元]ポニーキャニオン

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

1970年代から90年代にかけての韓国を舞台にした人間ドラマ。地元の元締めを父に持つジュンソク、葬儀屋の息子・ドンス、優等生のサンテク、お調子者のジュンホには宿命的な再会が待っていた。“おトク値!”。

友へ チング Blu-ray

 いまノリにノってる韓国の作品。 ノスタルジックな作品、という先入観をもって観たので、ホロホロ泣ける作品を期待していたのですが、ぜんぜん違いました。ヤクザがドツきあってます。殺しあってます。R-15指定に納得。 しかし、ジュンソク役のユ・オソンと、ジュンソクと敵対するヤクザになってしまうドンス役のチャン・ドンゴンの演技が素晴しい。この二人の存在感は圧倒的で、この二人の演技を観るだけでも、いまの韓国映画の勢いを感じ取ることができます。それくらい素晴らしいです。 なかでも、ジュンソク役のユ・オソン。とびきりケンカが強くて、義理人情に厚くて、カッコイイ。それでいて、どうしようもない成り行きに深い悲しみを感じる、そんなジュンソクを見事に演じています。
ベタすぎるタイトル、宣伝、ジャケット。公開時、まったく見る気がしなかった。ひょんなことから見てみたら、これが驚くほどよくできた優秀作品。オープニングタイトル+スタッフクレジットで出てくるハングル文字がかっこいい。走っていく車の後を子供たちが走っていく姿と文字がかぶさり、とてもクール。ハングル文字をかっこいいと思ったのは、これが初めて。演技、撮影、台詞、音楽、編集。すべてがよくできているので、映画がまったく破たんしない。親友ふたりの抗争劇であり、人間ドラマ。その暗殺シーンは、この手のギャング映画史の中に残る名場面。雨、長ドスだけで、1対1。DVDでこのシーンだけを繰り返し何度も見て、堪能した。前後のつながりも見事。最初と最後に出てくる、子供時代の海の映像が効果的。緑色の海の中を、幼なじみ4人が浮き袋で漂っている。普通こういう絵は、横から撮るが、この監督は真俯瞰で撮っている。そうすると、前後の遠近感がなくなり、4人が均等な配置になる。等価になる。これがこの映画の主題、でもある。ある意味、『スタンド・バイ・ミー』よりも、スタンド・バイ・ミー的な作品に仕上がっている。
昔の雑誌で2PMのウヨンくんが、好きな映画として挙げていたので観てみました。70年代~90年代の釜山はこんな感じだったんだなあ、と思いながら観ました。20年前の作品なので、メインの4人の役者さんは当時20代半ば~30代前半くらいだとは思うのですが、4人とも大人顔なので、学ラン姿が若干貫禄がありすぎるというか。。。まあ、高校時代のストーリーも長いので、そこを10代の別の役者さんが演じるのは難しかったのかな。日本の朝ドラあるあると同じですね。その点を差し引いても、日本映画でいうとクローズZERO、アウトレイジ、古くは極妻シリーズみたいな、男臭い世界観が好きな人、かつ流血の暴力シーンも耐えられる人は好きな系統の作品だと思います。
昭和30年代から40年代の男性で、本宮ひろしや池上遼一の学ランものの漫画に浸った人にははずせない作品です。最初の学生の友情そして、ビーバップハイスクールのラストシーンのような迫力のある乱闘シーンではじまり、悲劇的で運命的なラストまで一気にみせます。2枚目のチャン・ドンゴンも、この作品では初の悪役でまつ毛を抜いて、気合はいりまくってます。主役のユ・オソンは、松田優作を彷彿とさせるすごみのある演技で、しびれます。時代考証もしっかりして、音楽とかああ懐かしいなあと見入ってしまいます。自分の映画の引き出しが増えて得したなあと思います。

      近畿大学学術情報リポジトリ
             Kindai University Academic Resource Repository
 

 

新着情報 / お知らせ

(お知らせ)

2016年4月1日より近畿大学学術情報リポジトリがリニューアルしました。

 

WEKO