DVD , 外国映画 , ドラマ,moes.ug,/fragility1831703.html,[Blu-ray],風櫃の少年,3010円 人気ブランド多数対象 風櫃の少年 Blu-ray 3010円 風櫃の少年 [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ DVD , 外国映画 , ドラマ,moes.ug,/fragility1831703.html,[Blu-ray],風櫃の少年,3010円 人気ブランド多数対象 風櫃の少年 Blu-ray 3010円 風櫃の少年 [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ

人気ブランド多数対象 安売り 風櫃の少年<HDデジタルリマスター版> Blu-ray

風櫃の少年 [Blu-ray]

3010円

風櫃の少年 [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

世界に台湾ニューシネマの存在を知らしめた記念的作品。
「非情城市」「恋恋風塵」のホウ・シャオシェン監督80年代の傑作が、いま最高画質で甦る!

三大陸映画祭でグランプリに輝き、世界に台湾ニューシネマの存在を広く知らしめた最初の一本となる記念碑的作品。「冬冬の夏休み」「童年往事」「恋恋風塵」へと続く、ホウ・シャオシェンによる80年代青春映画の端緒を飾る傑作である。
台湾の離島で育った不良たちの、少年から大人へと成長するその貴重な瞬間の放埓、もがき、そして恋を描く、多分に監督自身の自伝的要素も散りばめられた青春映画。
最新作「黒衣の刺客」に至るまでホウ・シャオシェン作品に欠かせない脚本家として重要な役割を果たし続けているチュー・ティエンウェンが、本作で初めてホウ監督作品の脚本を執筆した。主演のニウ・チェンザーは本作での強烈な存在感で、台湾ニューシネマを代表する青年俳優とみなされるようになる。後にはプロデューサー、監督としても活躍、監督第2作「モンガに散る」(2010)が大成功を収めた。

【ストーリー】
澎湖島の漁村、風櫃で暮らすアチンは、ワルの仲間たちと喧嘩に明け暮れる無為な日々を送っているが、やがて警察沙汰を起こし島にいられなくなる。故郷を離れて大都会・高雄に出たアチンと仲間たちは、そこで仕事を見つけ、アチンは一人の女性に恋をする。けれど、誰にとっても思い描いたようには人生は進まず、それぞれが大人社会の現実に直面してゆく・・・・・・。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

台湾ニューシネマの巨匠、ホウ・シャオシェン監督が手掛けた青春ドラマ。澎湖島の漁村・風櫃で暮らすアチンは不良仲間たちと無為な日々を過ごす。やがて、警察沙汰を起こして島を離れざるを得なくなった彼らは、故郷から大都会・高雄を訪れるが…。

風櫃の少年 [Blu-ray]

1960年代の仏国ヌーベルバーグの影響を感じる作品。興行的・経営的なことを考えず、監督の志向をつよく出したこうした作品が評価されるのは嬉しいこと!
DVD-BOXで持っていて観ているのですが、内容はとても素晴らしい青春映画なのに、何だかVHSをダビングしたような画質が不満で、それが今回修復版のブルーレイが出るというので、すぐに購入しました。冒頭のバス停のシーンから、映像の美しさにのめりこみました。映画は画質が全てではないとは思っているしそんなこと気にならない作品も沢山ありますが、ホウ・シャオシェンのような構図のひとつひとつにこだわりが感じられるような映画監督の作品では、画質の違いでこんなにも印象が変わるものかと驚きました。本編が始まる前のクレジットによると、ホウ・シャオシェン監督自身がこの修復作業の色補正などの監修をしているとのこと。つまり、彼が思い描いた色味がこのブルーレイでは再現されているということですね。80年代当時のフィルム上映は見ていませんが、こんな素晴らしい映像はやはり一度大きなスクリーンで観てみたいものです。まずはこの画質だけで星5つです。
「青春時代」はいつ始まって、いつ終わったのか?という事を最近良く考える。私はまだ20半ばであるが、単調なサラリーマン生活で、とても青春を過ごしているとは思えない。大学を卒業し、社会人になる直前にはよく、俺の青春時代は終わったのかなあ・・という感傷に襲われた。学生時代というモラトリアムの終焉を儚く感じていたのだが、そんな時期にビデオで見たのが本作である。当時の自分の心理状況と、「兵役」という形で社会に参画していく阿清の、少年時代への別れと、社会と対峙した困惑が似ており、大変心を動かされた。特にラストシーン、阿清の屋台での時の流れに逆らうかのような呼び込みの掛け声と、市場での人々の生活の描写が素晴らしかった。クラシックのヴィヴァルディ「四季」とバッハの「G線上のアリア」が作品中に効果的に使われており、音楽担当・エドワード・ヤンのセンスが光っている。 ホウ・シャオシェン監督の作品は『恋恋風塵』や『非情城市』『憂鬱な楽園』など傑作が多く、世界的な評価も高いが、本作では監督初期の作品で、技術的に洗練されていない部分が見られ、監督の自伝的な青春四部作の最初の作品ということもあってか、多少センチメンタルな面が強い気がしないでもない。このあたり、批評家に言わせると、まだまだ「青い」という事になるのかもしれない。しかしロングショットの多用、アングルを固定したカメラ回しなど、彼が独自の作風を確立した記念すべき作品であり、彼の監督業における輝かしい青春時代に位置する作品だと思う。個人的にこの作品はマイベストの5本の指に入る作品であると同時に、ホウ・シャオシェン監督の最高傑作だと思う。あまり一般的に作品名は知られていないが、客観的に見ても青春映画というジャンルの中でかなり重要な位置を占める作品であることは間違い無いだろう。ロケ地の台湾・澎湖島へ3度も旅に出かけてしまうくらい思い入れのある作品です。
従来のDVD版は持っていましたが、今回監督自らがレストアを監修したと知り、早速購入しました。制作から年数が経っているため、新作のように何もかもクリアな映像とは言えませんが、ホウ・シャオシェン作品特有の瑞々しい空気感が、劇場で観た時のような臨場感で甦ってきます。ファンの人はもちろん、初見の人こそ、ぜひこのブルーレイ版で観賞していただきたいですね。