1819円 KARAOKEJACK ミュージック J-POP 在庫処分 KARAOKEJACK 1819円 KARAOKEJACK ミュージック J-POP moes.ug,1819円,/fornaxid1962942.html,KARAOKEJACK,ミュージック , J-POP 在庫処分 KARAOKEJACK moes.ug,1819円,/fornaxid1962942.html,KARAOKEJACK,ミュージック , J-POP

在庫処分 KARAOKEJACK 営業

KARAOKEJACK

1819円

KARAOKEJACK

商品の説明

Amazonレビュー

   電気グルーブの頭脳として、またテクノのクラブDJとしても世界的に活躍する石野卓球の、4枚目のソロアルバムである。
   前作までのクラブフロアーを意識したクールな音作りとは対照的に、カラフルなサウンドが印象的な作品。テクノのオリジネーター達の楽曲に近いテクノポップから、現在のダンスミュージックとしてのテクノまで、エレクトロニックミュージックのさまざまな要素がつめ込まれている好作だ。なお、CDジャケットの金髪の女性は、石野本人が女装したものだ。(末延仁人)

メディア掲載レビューほか

先行シングル「stereo nighats」他、全13曲を収録したアルバム。 (C)RS

KARAOKEJACK

20年前ならかっこよかったかもしれないけど、10年前ならもうダサダサ。意図的に回顧趣味でやってるようにも見えない。
石野卓球ならではの、とっても斬新な作品を楽しむことが出来ました
 これは2001年にリリースされたダンス・アルバムのNo.1候補(ベストテン圏内であることはまちがいない)のひとつ(次点はBASEMENT JAXXか)。 石野卓球は、良くも悪くも90年代後半の、日本の特殊な「テクノ・シーン」の代表に祭り上げられてしまったため、彼の世界性はほとんど顧みられることなく無視されるか、あるいは(ドイツと日本の)テクノ・サブカルチャー内部の評価に還元されてしまっていたように思う。彼自身も自分がそのような閉塞した状況の中で活動を続けざるを得なかったことにフラストレーションを感じていただろうし、ここ3、4年の電気グルーヴの音にその屈折した感じが表現されていたと思う(そして砂原義徳の脱退!)。 今回のアルバムのような、露骨な「原点回帰」は、そのような「屈折」の延長上にあるようにも見えるかもしれない。しかしこの「何周も回って帰ってきた」音が、今現在の、世界的なダンスシーン(レイ!''カルチャー)のド真ん中を射抜いていることは確かであり、そしてこれは偶然ではなく、彼が「日本のテクノサブカルチャー」から逸脱している側面、つまり彼の世界性が、正しく音になっているだけのことだと思う。 とくに"chieko's acid experience"なんていう「そのまんまやん!」とツッコミを入れたくなるタイトルの曲なんかは、サイケデリックス(acid)体験の希薄だった「日本のテクノシーン」では絶対に理解されることのなかった音だと思う。
うーんなんといえばよいか。CDの評価で星5つにしてるわりには、ことばにしにくい感想。これはお酒にたとえるといいかな。テキーラとか強い酒だけどまずいわけじゃない。石野卓球もそうでものすごくつよい音楽ってことで。この人と電気グルーヴが中和しあってまたべつの意味でよくなる。まりんが電グルにいたときもまたよかった。そんなかんじです。新世紀に聴いてみては?

PC向けウェブバージョンでラベル検索可能 リンクは最下部へ

9.26.2014

"定期"更新終了のお知らせ

いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。本日付けでLos Santos Customs Airportの店長であるJonny Tanakaが、辞令によりロスサントス市内の3店舗を統括するエリアマネージャーに就任することになりました。今まで毎日当ブログの記事を更新してきましたが、配置転換により毎日更新が困難な状況になる為、"定期"更新を終了させて頂きます。明日以降完全に記事の更新を停止するという訳ではなく、今後は"随時"更新で対応をしていこうと考えています。

9.25.2014

customer’s:エレジーRH8

アメリカのスポーツモデルの筆頭は今も昔もコルベットだと思いますが、日本で同じようなポジションにあるモデルと言えばやはり日産・スカイライン/GT-Rでしょう。日本でチューニングカーのベース車両として恐らく最も人気があり、現行のGT-RはホンダのNSX以来久しぶりに日本車でスーパーカーと言えるような雰囲気のあるモデルです。そんなGT-Rに憧れてエレジーRH8を選ぶカーフリークはかなり多いのではないでしょうか。

9.24.2014

trivial matter:Lost仕様

モーターサイクルギャング・The Lost専用といえばまず思い浮かぶのはデーモン。厳密には専用モデルではないのかもしれませんが、サンアンドレアス州で見かけるデーモンはどれもサドルにLostのエンブレムが刻印されています。もう一つの専用モデルはブリート。彼らはドラッグの密売等イリーガルな仕事を請け負うこともある為、輸送などに専用に改造されたブリートを使用しています。

9.23.2014

customized:ジェスター

ディンカのシリアスハイブリットスポーツモデル・ジェスター。ディンカ社はホンダ系のイメージが強いことやジェスターのシルエットがNSXコンセプトモデルに似ていることなどから、それを参考にカスタムするケースが多いのではないでしょうか。アフターパーツにも日本のSuper GT・GT500クラスに参戦しているNSXコンセプトGTをイメージさせるものが多く用意されています。

9.22.2014

Genuine Color:フォード的なSUV

フォードのSUVで最大のモデル・エクスペディションの現行型('07-)のような雰囲気を持つダンドリアリー・ランドストーカー。サンアンドレアス州で展開するメーカーでフォード的なイメージのあるブランドと言えばヴァピッドが筆頭ですが、ダンドリアリーにはフォードがかつて運営していたサブブランド、マーキュリー的なイメージがあったりします。

9.21.2014

customer’s:フト

JDM系ドリフター仕様のフトを送ってくれたのはKZMさん。以前当店のスタッフ連中でそれぞれのカスタムフトを持ち寄って撮影したことがありました。フトのベースになっているAE86は頭文字Dの影響から世界的にもカスタムベースとして人気があるモデルなので、様々な方向性のカスタムに対応し、人によってかなり個性の出るベースモデルです。