661円 ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD] DVD 外国映画 SF ニューヨーク東8番街の奇跡 人気 DVD 661円,/falsism1831750.html,DVD , 外国映画 , SF,moes.ug,[DVD],ニューヨーク東8番街の奇跡 661円 ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD] DVD 外国映画 SF 661円,/falsism1831750.html,DVD , 外国映画 , SF,moes.ug,[DVD],ニューヨーク東8番街の奇跡 ニューヨーク東8番街の奇跡 人気 DVD

ランキング総合1位 ニューヨーク東8番街の奇跡 人気 DVD

ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]

661円

ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]

商品の説明

内容紹介

ニューヨークの街に奇跡が舞い降りる…。スティーブン・スピルバーグ製作総指揮で贈る感動のSFファンタジー !

【キャスト】
ジェシカ・タンディ/ヒューム・クローニン/フランク・マクレー/エリザベス・ペナ

【スタッフ】
監督:マシュー・ロビンス

■製作:1987年
■Disc枚数:1
■画面サイズ:16:9
■収録時間:106分

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めた感動のSFファンタジー。地上げ屋に狙われたニューヨークのオンボロアパートに、ある日突然、宇宙から小さな訪問者が現れる。彼らは屋上で暮らし始めるが…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。


メーカーより

   
ニューヨーク東8番街の奇跡 ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray] ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]
製品仕様 Blu-ray DVD
発売日 2016/8/3 2012/11/2

ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]

小さいころに見た記憶があり、懐かしく思い視聴しました。実際には殆ど内容を忘れていましたが、思っていた以上に面白かったです。UFOたちのシーンで合成部分に時代を感じますが、そこがまた良い!各時代良い映画はたくさんありますが、80年代の雰囲気が一番好きです。冒頭のマリサが登場する場面で、恋人からの手紙が来ていないか郵便受けを確認してがっかりするシーンが有りますが、それも現代の映画では殆ど見られないシーンですよね。何でもケータイやパソコンで完結できる今とは違う時間の流れと人間ドラマがあります。基本的にはアパートの中と周辺のシーンばかりで場面転換が少ないため、舞台演劇でも見ているかのような気分になりました。実際舞台でやっても面白いんじゃないかな~と思います。どの登場人物も個性的で良い味出してますが、マリサ役のエリザベス・ペーニャさんが一押しです!(なぜかAmazonでは“ペナ”と表記されていますが)スペイン系(キューバ)だからか独特のイントネーションがあり、若干ハスキーなボイスも可愛いです。そして笑顔がたまらなくキュートです。最近の活動は知りませんでしたが、2014年に亡くなられていたのですね。作中メイソンがマリサに対していうセリフ「君は謎めいていて、明と暗の両面を持っている」この言葉がピッタリの女優さんではないかと思います。そして見てから知りましたが、フランクとフェイの老夫婦を演じた役者さんは本当にご夫婦で共演しているのですね!この二人の息のあったやり取りも見どころです。先にレビューされた方も指摘されていますが、確かにこの作品をレーティング+18にする意味がわかりません。子供が見てもまったく問題ないと思います。この映画が+18で、人がバンバン死んで性的なシーンもあるゾンビドラマが+15とかおかしくないですかね?大体子供向け番組も、明らかに幼児向けの作品以外は殆どレーティングが+12になってます。(+12は「ファミリー向け」という分類らしいですが、カッコ書きで12歳以上のお子様向けとなっています)ナショナルジオグラフィックの番組も大部分が+18です。Amazonは「レーティングのカテゴリーはあくまで参考情報であり、Amazon.co.jpはかかるレーティングのカテゴリーの妥当性、正確性、信頼性や完全性を保証いたしません。」と言っています。確かに殆ど信頼性は無い気がします。レーティングはともかく、この作品はオススメです!
公開当時、映画館に見にいきました。その後、テレビ放送やレンタルで何度も見てVHSでも買って持っていたんですが、今はデッキがなくて見れなくて。先日、テレビ放送があり改めて見て好きだな〜と思いポチりました。スピルバーグ!!的な凄さよりも、日常の中に紛れ込むファンタジーが見終わった後にジ〜ンと優しい気持ちになります、毎回。マンションの住人も出てくる人たちが色々抱えていて、突如現れた可愛いナニカと過ごす時間を見ているのがすごく愛しくて、マンション住人の気持ちで見ちゃいます。最後も色々切ない部分もありますが、相対的にハッピーエンドです。今回初めてオリジナルのタイトルを知って、ちょっと目から鱗でした。
1987年公開の、今から30年以上も前の映画なのに今観ても色褪せることない、本当に夢のある映画です。映画の役割って色々あると思いますが、やはり夢を与えるのが第一義だと思うんですよね。これはシンプルだけど間違いなく夢のある映画。映画の中の悲喜こもごもの登場人物達が見た奇跡のように、観客までもとても夢のある世界へ誘ってくれます。見終わったあと、優しい気持ちになれる。認知症ぎみのおばあちゃんも、悲哀のあるおじいちゃんも、他の登場人物も皆個性的で良い味出してます。その中で登場人物達と特に言葉を交わすでもなく、知性と生命を持った体とはいえ、それこそ単なる「ハードウェア」であるはずのUFOが、もはや人間味のあるキュートな生命体にしか見えなくなるという(笑)キッチンで手伝いをしている姿が特に可愛い。作品中でフランクが言った、「奇跡というものは、わけをあれこれ考えては、消えてしまう」という言葉が良かった。現実的で何事も理屈で考えてしまう大人には奇跡も起きそうにないですが、でも本当は奇跡が起きないんじゃなくて遠ざけてるだけなのかも?奇跡を信じるなら何も考えずにただ受け入れよう。そんな奇跡もあるかもしれないと思える、本当に夢のある作品です。
公開当時に観たお気に入りの映画です。ストーリーは心温まる「おとぎばなし」で、親子で楽しめる1本だと思います。この映画の「奇跡」が何故起こったのか、それが人間とUFO!?の間にあるモノだけだったのか・・・?それが起こる前提として、この古く地上げされる寸前の古びた建物の中に、様々な「愛」があったことは間違いありません。人種や生い立ちも違う住人達一人一人に人生があり、そこには愛があることを非常に上手く描いているように思えます。そんなわけで、これはおっちゃんにとっても大好きな、是非観て欲しい1本です。

LUXURY

(日本製 PM2.5対応)超快適マスク プリ-ツタイプ シルク配合 ふつう 7枚入(unicharm)

最近チェックした商品
    CATAGORY
    ');