1924円 シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.1 [DVD] DVD TVドラマ イギリスのTVドラマ moes.ug,シャーロック・ホームズの冒険,/dendrochronological706776.html,DVD , TVドラマ , イギリスのTVドラマ,Vol.1,1924円,完全版,[DVD] シャーロック ホームズの冒険 完全版 Vol.1 DVD 推奨 1924円 シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.1 [DVD] DVD TVドラマ イギリスのTVドラマ シャーロック ホームズの冒険 完全版 Vol.1 DVD 推奨 moes.ug,シャーロック・ホームズの冒険,/dendrochronological706776.html,DVD , TVドラマ , イギリスのTVドラマ,Vol.1,1924円,完全版,[DVD]

贈物 シャーロック ホームズの冒険 完全版 Vol.1 DVD 推奨

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.1 [DVD]

1924円

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.1 [DVD]

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

NHKで放送された、名探偵シャーロック・ホームズの活躍を描いたミステリードラマの製作20周年を記念し、既発DVDに日本語吹替え音声を完全収録しリニューアル発売する完全版第1巻。第1話「ボヘミアの醜聞」と第2話「踊る人形」の2話を収録する。

内容(「Oricon」データベースより)

イギリスの人気サスペンス・ドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」のDVDシリーズ。製作20周年を記念して、日本語吹替えの無い部分(これまで字幕でサポートされていた部分)に吹替えを、さらに字幕に英語字幕を追加収録したリニューアル版。「ボヘミアの醜聞」「踊る人形」の2話収録。

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.1 [DVD]

 lt;br /gt; グラナダTVの作品は41作。日本では全部が「シャーロック=ホームズの冒険」と言う第一短編集の題名で放映されましたが、イギリスでは、「冒険」「帰還」「「事件簿」「思い出」の短編集の中の4つの題名のシリーズになっています。本の収録と必ずしも一致していないのが、玉に瑕ですけど。後は5本の長編スペシャルとして放映されました。lt;br /gt; さて、この第一巻の冒頭を飾るのは、原作でホームズが「あの女」と語って唯一負けを認めるアイリーネ=アドラの登場する「ボヘミアの醜聞」(この邦訳は延原訳と同じですね)。結論としてクライアントの目的は達成したものの、ホームズとしてはしてやられたという話である。lt;br /gt; 「踊る人形」も延原訳どおり。子供のいたずら書きのような人形の絵の暗号解きの物語であるが、テレビ版では、本のように丁寧な謎解きの解説をしてくれていない。これは、編集の関係なのか、それとも、この放送の視聴者は、このホームズ物語Best 10に選ばれる話を当然知っているという配慮によるものか?lt;br /gt; いずれにせよ、35年前から何度となく読んでそらんじられるくらいになっている人間にとっても、本では表現できない映像の力を再認識させる作品である。lt;br /gt; 1,2作にいい選択をしたと思う。
シャーロック・ホームズの短編デビュー作、「ボヘミア王家の醜聞」をTVシリーズでも第1作にもってきたのは大英断といえるでしょう。本作は物語としてはホームズにとって不本意な結末に終わっていますが(写真の事を考えるとそうとも言い切れないかな)それでいてホームズの魅力を存分に引き出している名作短編だからです。もうひとつの収録作はあまりにも有名な「踊る人形」。こちらも申し分無い出来なのですが、どうしても引っかかることがあるんですよね…「ボヘミア王家〜」も「踊る人形」もホームズが完全に成功したとは言えない、特に「踊る人形」は事件は解決したとはいえ、依頼には失敗したと言っても過言では無いエピソードです。「ボヘミア王家〜」と同時収録するならば、ホームズが完全な成功を収める作品の方が良かったのではないのかな、と(海軍条約書〜とかノーウッド〜とか)少しだけ、思ってしまいました…大したことではありませんが。
この時代にあった雰囲気、音楽、人選がみな原作に近いと思っているので、ジェレミー・ブレッドのホームズが一番好きです。他のを観てがっかりしたこともあるのですが、彼は姿形も雰囲気もホームズにピッタリ!!と、原作ファンも納得のいくものです。彼が逝去してしまったことで、全作撮れなかったのが本当に惜しまれます。これまでの日本で(NHKで)カットされていた部分は、字幕でフォローされていたのですが、今回の特典を挙げるとすれば、そこも吹き替えになっているところでしょうか。ホームズが唯一敗北した女性アイリーンが登場する「ボヘミアの醜聞」、奇怪な暗号がキーワードとなる「踊る人形」が収録されています。
私はシャーロキアンではないですが、小学生の頃に原作を読んだり、NHKでの放送をみたりと、ホームズには親しんできました。最近CSでも放映を始めていて、久しぶりにみました。やはりグラナダ版のホームズは絶品です! お話の脚色もさることながら、ドラマの背景ともなる19世紀イギリス・ロンドンの町並みや、建物、ファッションの様相が詳細に再現されており見ていてたいへん楽しいです。 最近の女性ファッションでは、この時代のデザインをフューチャーしているものが多いので、いろいろと参考にもなりますね。 ジェレミー・ブレットは、あいもかわらず長身で細見、ヴィクトリア朝のスーツがほんとに似合いますし、この巻はまだ初期版であることから、色白で血色もよいので紳士のなかの紳士を体現してくれています。 とてもカッコよい。 純粋なコスチューム・ドラマとしても一見の価値アリです。

Service Informationサービス概要

「まるっとシリーズ」は
ライフラインの
窓口をひとつにまとめ
手続きの手間を削減いたします
※消費税等相当額を含みます。
※原料費調整額は含んでおりません。
※まるっと割引はクレジットカードか口座振替でのお支払いの場合適用されます。
※上記における東京電力のプランは従量電灯Bであり、東京ガスのプランは一般料金です。
まとめれば
割引や
会員特典も!
まるっとシリーズは
窓口をひとつにまとめて手続きの手間を削減、
まとめることで割引が適用されたり
うれしい特典も!

Marutto Seriesサービスラインナップ

Living with Maruttoまるっとのある暮らし

まるっとシリーズは、時間に追われずゆったり暮らせる、
自分や家族との時間を大切にできる、
引越しの面倒をサポートしてくれる・・・
そんな理想の実現をお手伝いします。