[DVD],moes.ug,DVD , 外国映画 , ドラマ,4Kレストア・デジタルリマスター版,1047円,メイド・イン・ホンコン/香港製造,/Miltonically1831589.html メイド イン ホンコン 香港製造 DVD 4Kレストア セールSALE%OFF デジタルリマスター版 1047円 メイド・イン・ホンコン/香港製造 4Kレストア・デジタルリマスター版 [DVD] DVD 外国映画 ドラマ [DVD],moes.ug,DVD , 外国映画 , ドラマ,4Kレストア・デジタルリマスター版,1047円,メイド・イン・ホンコン/香港製造,/Miltonically1831589.html メイド イン ホンコン 香港製造 DVD 4Kレストア セールSALE%OFF デジタルリマスター版 1047円 メイド・イン・ホンコン/香港製造 4Kレストア・デジタルリマスター版 [DVD] DVD 外国映画 ドラマ

メイド イン ホンコン 香港製造 DVD ハイクオリティ 4Kレストア セールSALE%OFF デジタルリマスター版

メイド・イン・ホンコン/香港製造 4Kレストア・デジタルリマスター版 [DVD]

1047円

メイド・イン・ホンコン/香港製造 4Kレストア・デジタルリマスター版 [DVD]

商品の説明

内容紹介

今は、もっと生きたい。
青春映画の不朽の名作『メイド・イン・ホンコン/香港製造』が、「4Kレストア・デジタルリマスター版」で甦る! !

・青春映画の不朽の名作『メイド・イン・ホンコン/香港製造』が20年の歳月を経て甦る。
・本編はフルーツ・チャン監督監修による4Kレストア・デジタルリマスターを使用。
・名優アンディ・ラウから譲り受けた4万フィートの期限切れフィルムに焼き付けられた、青春映画・不朽の名作!

解説
1997年、中国返還直後の香港で、新人監督による一本の低予算amp;ノースター映画が公開された。まったく演技経験のない素人の主演俳優と、たった5人のスタッフ。そして、知人から借りた8万ドルの制作費と、名優アンディ・ラウから譲り受けた4万フィートの期限切れのフィルム――。その35mmフィルムに焼き付けられたのは、香港人が抱える心情とシンクロする現代社会の閉塞感であり、複雑な家庭環境で生まれ育った少年少女の純愛物語。そして、行き場を失った主人公の感情が爆発した後に訪れる、衝撃的かつ美しいラスト。そんな眩しいほどの青春の瞬間と、スタイリッシュな映像×音楽の融合だった。
まさにリアルな香港の姿を捉え、瞬く間にセンセーショナルな話題を呼んだ作品は、メジャー大作を押しのけ、半年間のロングランヒット。自主レーベルからリリースされたサントラも異例のヒットを記録したほか、香港電影金像奨(アカデミー賞)ではグランプリ・監督賞・新人俳優賞の3冠に輝いた。またその勢いは海外の映画祭でも認められ数々の賞を受賞、イギリスのインディーズ映画を代表する青春映画『トレインスポッティング』に続く、香港インディーズの存在感を示す青春映画として世界の注目を集めるなど、まさに“香港映画史を変える伝説"となった!
あれから20年、あの青春映画の不朽の名作『メイド・イン・ホンコン/香港製造』が、「4Kレストア・デジタルリマスター版」で蘇る!!!

ストーリー
1997年、中国返還目前の香港。中学を中退し、黒社会メンバーであるウィン兄貴の借金の取り立てを手伝っている青年・チャウ(サム・リー)。中国大陸出身の愛人のもとに走った父の家出後、低所得者用公団にパート勤めの母と二人暮らしの彼は、富裕層の学生たちに虐められる知的障がい者のロン(ウェンダース・リー)の兄貴分として、彼を守っていた。ある日、チャウは借金の取り立てに行った公団で、ベリーショート姿が魅力的な16歳の少女・ペン(ネイキー・イム)と出会う。
一方、飛び降り自殺した女子学生・サン(エイミー・タム)の現場に偶然立ち合ってしまったロンは、彼女の血に染まった2通の遺書を拾っていた。ペンと再会した病院で、それを手にしたチャウは、その晩からサンの夢を見ては、夢精する不思議な現象に襲われる。そこで、チャウは「友達になってほしい」と言うペンとロンを連れ、サンの遺書を宛先が書かれた相手に渡しに行くことを決意。1通目は彼女と付き合っていた恋人。彼は彼女が通っていた女子校の体育教師だったが、遺書の内容を見ずに破り捨ててしまった。残る1通は彼女の両親宛てだったが、家の様子を伺っているときに彼らに見つかった3人は、思わず逃げ出してしまう。だが、そのときペンが腎臓病に侵されており、移植手術ができなければ、余命わずかということをチャウは知ることになる。
その日から、ペンに対する想いが愛情に変わったチャウは、彼女のために臓器移植のドナーになり、母親から盗んだ金で彼女の手術費と家の借金を肩代わりしようとするが、それを知った母親が家を出てしまう。その後、ペンを入院中の病院から連れ出し、高台にある墓地に行ったチャウは、「私が死ぬとき抱きしめて」と言うペンに対し、優しくキスをする。そして、彼はかねてからウィン兄貴に言われていた中国大陸から来た商売敵の“殺し"を引き受ける。
だが、それは彼らにとって、悲劇の始まりでもあった――。

キャスト
■サム・リー
■ネイキー・イム
■ウェンダース・リー
■エイミー・タム

スタッフ
■監督・脚本:フルーツ・チャン
■エグゼクティブ・プロデューサー:アンディ・ラウ
■製作:ドリス・ヤン
■撮影監督:オー・シンプイ
■撮影監督/音楽:ラム・ワーチュン
■美術:マー・カークワン
■録音:ヤン・チーチョン
■衣装:ティン・ムック

特典
■映像特典(約2分20秒)
・2018年リバイバル版予告編(約90秒)
・2017年ウディーネ極東映画祭出品時予告編(約50秒)
■封入特典
・抜粋版劇場パンフレット
・公開当時の香港版ロビーカード(4枚)
・ブロマイド(全3種のうち1種ランダム封入)
※尚、封入特典のブロマイド(絵柄3種ランダム)は初回生産分に限り、フルーツ・チャン監督、サム・リーの貴重な直筆サイン入りのものが数量限定でランダム封入!

※特典スペック
広東語 リニアPCM2.0ch ステレオ
字幕:日本

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

香港を舞台にした名作青春映画の4Kレストア・デジタルリマスター版。中学を中退し、借金の取り立てを行う青年・チャウは16歳の魅力的な少女・ペンと出会う。彼女が重い病に侵され、余命わずかであることを知ったチャウはある決意をする。

メイド・イン・ホンコン/香港製造 4Kレストア・デジタルリマスター版 [DVD]

この映画は単に香港社会を表現しているだけでなく、世界中の現代社会でまともに生きるという事が本当に難しい現実を私に感じさせてくれました。もちろん、香港が英国領であろうと中国領であろうと現実は変わらないと最後のラジオ演説に語らせて、監督は香港返還の映画として作った映画だとは思うのですが。私には強い印象を残す映画でした。この世は生きるのが難しいと。
サム・リーおぉぉぉっ!て感じです。写真だけで見たとき、何でこの人がそんなに注目されんの?って思っていました。確かに顔は抜群の二枚目ではない。本人も認めている。かなりサム・リーってもんを見せる映画です。でも嫌味がない。香港の街を駆け抜ける姿は理屈抜きに惚れ惚れする。演技がどうこうって言う以前の、スターとしてのオーラがある。それは人間性としてのオーラも当然含んでいるわけで、彼は友人とも大人とも、自分の頭を使って関係を作っている。大人とはヤクザであり、母親であり、父親であり、その愛人であったり。鬱陶しいと思われるほど密接した香港の住宅と同じように、鬱陶しいほど近しい人間関係は、今の日本から見るとノスタルジアすら感じるアナログ感があります。
このまえ早稲田松竹で香港製造で大泣きした。。。なんなのこの切なさと悲しさとやり切れなさ。病弱の少女に手持ちの不安定な映像、サムリー痩身だけど力強い佇まい、返還直前の香港のカオスと鮮やかなブルー、濃厚に漂う死と性の薫り…とまるで90年代の終わりそのものをパッケージングしたような鮮烈さでした!
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』('91)と共に、'90年代に観逃したままだった『メイド・イン・ホンコン』('97)が4Kデジタルレストアでリバイバル上映されたので、ようやく鑑賞できた。劇場で予告編を観て、もうこれはゼッタイに観なきゃアカンわと確信した。最近の映画は、こういう「画で語ってくる」作品が皆無と言っていい。フィルムでなくデジタル撮影によって、映像の無個性化が加速しているからだ。しかしこの映画には、'90年代の空気が濃密に封じ込められている。そういえばこの映画のチラシ、今でも持ってます(笑)。『メイド・イン・ホンコン』は、香港が中国返還の前夜だった当時、新人監督のフルーツ・チャンがインディペンデントで制作。スタッフはたったの5人で、全く演技経験のない素人の出演者ばかり。そのキャストまでがスタッフを兼任するという状況だった。制作費は知人から借りた8万ドルと、アンディ・ラウから譲り受けた4万フィートの「期限切れのフィルム」(フィルムはVTRと違って生ものなのです)。日本のピンク映画のような過酷な制作条件が、奇しくも返還直前の揺れる香港の「気分」を鮮烈にフィルムに焼き付けたのだ。中学を中退し、闇社会に片足を突っ込み借金の取り立てをしている青年・チャウ(サム・リー)。低所得者用の公団に母と二人暮らしの彼は、富裕層の若者たちに虐められる知的障害のロン(ウェンダース・リー)を弟分に、今日も街をゆく。ある日、チャウは借金の取り立てに行った公団で、ベリーショートな髪型の少女・ペン(ネイキー・イム)と出会う。なんとなく行動を共にするようになった3人だが、実はペンは腎臓病で、移植手術ができなければ余命わずかということを、チャウは知る・・・。闇ビジネスに利用される、低所得者層のティーンエイジャーたちの昏い凄春を、清冽で荒々しく、そして瑞々しく繊細に描き出す。あまりにも哀しく、ゆえに美しい…ザラついた映像が心に焼きつく。自殺した少女の残像、彼女が遺した血まみれの遺書。むせかえるような、猥雑でエネルギッシュで、しかしふとした事で崩れてしまいそうな、陽炎の中に揺れる発展途上の街並み。頭上をかすめてゆく、ジャンボジェットの黒い機影。劇中で、主人公たちが自殺した少女の墓を探すシーンがあり、主人公とヒロインが墓石の上でキスをする。まさに映画的な瞬間だが、今の日本映画で同じ事をやったら、あっという間に「不謹慎」とかネットでディスられて炎上してしまうだろうなぁと思った。この映画には、今の日本が遥か昔に置き去りにしてしまった、本能のエネルギーみたいなものがある。正論とか常識とか、そういうもので塗り固めてしまって、一見平和に見えるけど息苦しくなっただけのストレス社会が失ってしまった、生へのあがきのようなものが。この映画には、安保闘争直後の日本のような、鬱屈して貧しくて、でも剥き身のナイフのような鋭さと眩しさがある。それはロマンポルノの空気感にも通じるものだ。この映画では、希望を捨ててしまったブタのような大人たちばかりが生き延びて、若者たちは純粋であるがゆえに、みな死んでゆく。このザラザラするような怒りと切なさを、日本人はいつの間に忘れてしまったんだろうか。フルーツ・チャン。うっかり'90年代に置き去りにしてしまった監督だ。これから再発見の喜びに浸ろう。4Kデジタルレストア版の発売に拍手!!

番組